本日の一枚。
1224tw
チビ姫(仮名)’18.5.7
チビ姫、巻頭グラビアデビュー!!(*^_^*)
相変わらず、ちょっと目ヤニが出てるけど、拾った時よりすっごい元気。
やっぱり相当お腹すいてたんだね~。
たくさん食べて、強く大きくな~れ!!




ハンモックを作ろう。


猫の大好きなハンモック。


買うと1500円くらいでしょうか。消耗品としてはちょっと高いなという感覚ですが、100均商品の組み合わせで簡単に作れてしまいます。
 FXT21041
100均パーツと家にあった端切れで作ったハンモック。

これは先代時代からのものなので使用歴通算1年以上経ちますが、まだ使えています。


こだわりの柄やメーカー品じゃなくても良いという方は、100均商品で自作にチャレンジしても良いと思います。

ミシンが無い?大丈夫、うちにも無いんです(^o^)
さっそく作り方を簡単にご紹介します!


◆100均で購入するもの
生地:買わなくても、少し厚手のものであれば使わなくなったカーテンでも何でもOKです。
大きさは猫の大きさにもよるんですが、だいたい50cm四方くらいが目安かな。
ぷしゅ猫家でよく使うのは、クッションカバー。ダイソーさんの商品いろいろ使ってみましたが、これがけっこうしっかりしています。

ハトメパンチ&ハトメセット:ミシンがないので、ハトメで紐を通す穴を作ります。ミシンを使える方は、紐を直接縫いつける方が丈夫になりますね。セットは200円です。しかし、替えのハトメ(7mm)を売ってるのを見たことがない。でも、ハンモックにしか使わなくても工具込みで200円はありがたい価格です。

綿の紐:綿じゃないといけません。化繊の紐が売ってるかどうか知りませんが、綿は緩まないです。中太~太めのものが良いです。買ったことはありませんが、綿の靴ひもの方が、手芸売り場の綿紐よりも強そうな気がします。

カラビナまたはSカン:ハンモックをケージに取り付けるときに使用します。猫の重さによって耐荷重にゆとりのあるものを購入した方が良いです。

全部買っても、①100円②200円③100円④200円(4個入り2パック)で600円。カラビナは使わずに縛って固定すれば500円ですが、洗うときに苦労します(笑)


◆作り方手順
①布を好きなサイズに裁断します。大きいと深さのあるハンモック、小さいと浅いハンモックになります。写真の黄色のハンモックは約45cm角、デニムのカバーは約40cm角です。

②布の4辺は手縫いでも良いので縫いましょう。ハトメが外れても、縫ってあれば万が一の時に端まで裂けるのを防止することができると思います。縫うのが嫌、下手、または苦痛な方には、クッションカバーをおススメします。縫わなくてもOKなので便利ですよ!

③四隅に穴をあけます。ハトメが通れば良いので、ハトメのサイズに合わせて穴をあけます。
私は最初に先のとがったもので穴をあけて、ハサミで少し穴を広げました。
とがったもので刺した穴だけですと、穴になる部分の布生地がハトメを差し込んだ時に周囲にたまってしまい、ハトメがきちんと留まらなくなるおそれがありますので、穴の中の部分の布はハサミで切り落とすことを推奨します。

④ハトメパンチでハトメを打ちます。見かけを気にしない方は、圧着したあとにさらにペンチで押しつぶした方がより圧着します。やりすぎるとハトメが破損したり、角が出来てにゃんこを傷つけるおそれがありますので注意です。

※はじめてハトメ作業をするのでしたら、③、④を端切れか何かいらない布で一度試すことをお勧めします。無駄にするのは1個だけで充分です。ハトメでとめて穴ができるという状態、感覚をつかむために練習してみましょう。

⑤ハトメがついたらほぼ完成も同然です。
ミシンのある方は、ハトメ工程を無視して、四隅に綿紐を縫いつければほぼ完成です。

⑥あとは写真のように紐と金具を組み合わせてつりさげれば完成です!

余り布で作ったハンモック
FXT21039 - コピー

100均のクッションカバーで作ったハンモック
FXT21046

Sカンの方が安いので紐の両端をSカンにしてもOKですが、ちょっと外れやすくなります。
FXT21043 - コピー

ハトメ部分拡大。薄い生地ですが、しっかり止まってます。
だんだんハトメの回りが傷んで外れかかってきたら寿命です。
ちょっとキてますがまだ大丈夫です(笑)
FXT21045

FXT21051

ハトメや紐は余りますので、替えを作りたかったらクッションカバーをもうひとつ買って作ればOK。

もう一度言いますが、ミシンがあるなら、直に縫いつけた方が丈夫です(*^_^*)


※重たい猫ちゃんの場合は、破損による落下にご注意ください。
ネコもそう簡単に大人しくは落ちないので、我が家では落ちて怪我をするような心配はしてないのですが、心配な方は自作をせず購入する方が良いと思います。
なお、本ブログでの猫用品の自作の紹介記事を参考にして作られた品に起因する事故等は、すべて自己責任となります。
当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承ください。



ふたりのってもだいじょうぶにゃ~ニャ~
FXT10058
(’18.1月下旬、ふたりあわせて6kg弱の頃)



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


今日の付録

ぷしゅ猫夫婦の食事記録。
お家で焼肉(5/4夜)
FXT21064
スーパーで、ハラミの大パックを買ってきて室内で焼肉。
ハラミは軟らかくて、お店並みに美味しかったです!!

使ったのは、「消煙グリラーヘルシートーク」という製品。
中に水を張り、テフロン加工のスリット穴あき鉄板で焼くグリラーです。
で、この商品の値段を見たら驚きますよ↓



煙は・・・全然出ないわけではありません。表面で脂が焼けると少し煙は立ちます。
でも、スリットがあるおかげで溶けた脂は下の水に落ち、ギザギザのホットプレートのように、ギザギザの谷部分に落ちて熱せられることがないのでホットプレートより煙は少ないです。また、お肉がすっきりと食べられます(*^_^*)
一般的なホットプレートよりサイズも小さ目なので、夫婦の食事にはちょうど良いのも気に入ってます(^o^)



最後までお読み頂きありがとうございました
----------------------------------------------------------------------
ブログランキング参加中です。
ポチっと応援いただくと喜んでころげ回りますニャ(=^・^=)
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

----------------------------------------------------------------------