本日は予定の番組を変更し、特別編成でお送りします。~ぷしゅTV~


今日の一枚。
DSCF5248
2018.6.12撮影 はじめまして!チョコちゃんです!!(*^_^*)
今回から、「今日の一枚」のレギュラメンバーに昇格!




ニュースです。

昨日、ぷしゅ猫家で保護していたチビ姫(仮称・生後約65~70日前後)の血液検査が行われ、FeLV(猫白血病ウイルス感染症)、FIV(猫免疫不全ウイルス感染症)のいずれも陰性であるとの結果が示されました。(一部地域既報)

DSCF5236
Great!!!!!!!


これを受け、同日18時からシンガポールのぷしゅトーサ島において、ぷしゅ猫家最高会議が開催され、出席者の全員一致で以下の事項が承認可決されました。

1.チビ姫(仮称)の名前を、『チョコ』と改める事
2.チョコを正式に家族の一員として迎え入れ、なっちゃんチョロくんと同等に扱う事
3.チョコを速やかになっちゃん及びチョロくんに引き合わせる事

以下に詳細。

1.チビ姫(仮称)の名前を、『チョコ』と改める事。
これまで、生まれて約1か月で保護した小さい小さい新入りの子猫を「チビ姫」と呼んでいました。
同じように保護されてキュートに育っている、ブロガー曾龍さんの愛猫にちなんで、当面そう呼ばせてもらってきました。

チビ姫は、ウィルス検査が終わるまで室内に入れることができなかったため、コンクリート打ちっぱなしの土間(我が家の風呂、トイレ個室、石油ボイラー、洗濯機などがある)で飼育しました。
先住のふたりとの接触を避け、一日1~2回、隣のおばあちゃん(義母)の家の大広間で目いっぱい運動させる日々でした。

ところがおばあちゃん、「ちび姫」と教えても、ついつい「チョコ」と言い間違えてしまうのです。
チョコは、昨年急逝したわが家のアイドルだったポメラニアンMIXの女の子の名前。
チビ姫と同じように真っ黒で、足先とお腹の一部、鼻のまわりが白い可愛いワンちゃんでした。
DSCF1094s
初代チョコちゃん(2017.9急逝)

相変わらず毎日おばあちゃんがチョコと呼んでいるのを見て、いっそ名前をチョコにしても良いかなと思えるようになり家族で相談していたのですが、今日病院で検査を受けたとき、奥さんは名前をチョコで登録してきたらしいのです。
あとでいつでも直せますと言われたようですが、それでもうチョコと決めることにしました。
大大大すきだった犬のチョコちゃんが生まれ変わって猫になって戻ってきたと考えるのも楽しいなとふと思ったこと、そして、とにかく活発で走って跳んでが大好きなこの子猫と、いつも楽しみにしているブログ「ポメラニアン もも&チョコ~真逆の性格の娘達~」の主人公のひとり、ドッグラン大好きポメラニアンのチョコちゃんがときどき重なって見えているのも理由のひとつです(*^_^*)

ということで、いきなり私信になりますが、曾龍さん。毎日愛情込めて呼んでいた「チビ姫」の名前、お返しいたします。短期間でしたが、やんちゃで活発なこの子には過分な可愛い名前を使わせていただき、大変ありがとうございました。
ブログで見る本物のチビ姫ちゃん同様に、育つにつれてどんどん可愛くなっていくように見えるのも、チビ姫という名前の効能が大きかったと思います!大変ありがとうございました!(^O^)

また、いつもブログを読んでいただき、保護猫『チビ姫』を応援していただいている皆様、今後とも何卒よろしくお願いします。新しい名前は「チョコ」ちゃんです。
あ。ももチョコ姐さん、チョコちゃんの名前かぶっちゃうけど猫だから許して(笑)


※懸念がないわけではありません。
『チョコ』と『チョロ』が似すぎなため、「チョ」の時点で二人とも反応してしまうよね~。
しばらく頑張ってみて、ふたりが困惑するようならまた考えます(^_^;)



2.チョコを正式に家族の一員として迎え入れ、なっちゃんチョロくんと同等に扱う事。
これは若干シビアな現実を含む問題でもありました。
というのも、なっちゃんとチョロくんは自分で保護した猫ではなく、保護主さんが大事に育ててくれた猫を里親として貰い受けた猫だからです。里親として、なっチョロの身の安全を守るのは最低限の義務でもあります。

そのため、保護したての子猫をいちかばちかですぐに室内に入れることはできませんでした(これは出自がどんな猫でも先住猫のことを考えたら同じですが)。
沖縄ですから、6月に入る頃から気温は急上昇。連日30度超え&湿度70~90%の日が続いても、ケージに遠くから扇風機で風を送ることしかできなくて悶々としました。それでもなっちゃんとチョロくんに合流させませんでした。チョコちゃんのことを思うと正直辛かったです。

世間には、先住猫にワクチンを接種して、キャリアの猫と同居させている方もたくさんいらっしゃいます。検査より先に先住のふたりにワクチンを打って合流させることも考えましたが、ワクチンも100%安全ではないことを考えるとできませんでした。また主治医の先生も賛成してくれませんでした。
キャリアと判明すれば里親を探すにしても見つかりにくくなると思うので、結局家族として迎え入れることになり、先住猫にワクチンを打って合流させることになるだろうと思っていましたが、その場合はなにもない時より罹患するリスクが高まることについて保護主さんの了承を得なければならないと考えていました。万が一、猫白血病やエイズだった場合のことについて、近々相談に行こうかと考えてたところでした。

しかし、検査の結果は陰性でしたので、判明した当日、いままでなんとなく(仮)をつけていた名前も位置づけも明確にすることとし、チョコちゃんは6月12日付けで正式に我が家の一員となりました!
今後は、先住であるなっちゃんとチョロくんの気持ちを優先しながら、チョコちゃんも含めてみんなが楽しく暮らせることに努力して行こうと思ってます。
---
素直な心情をあえて書いておきます。
シビアな話ですが誤魔化さずに言うと、私は病気の猫より元気な猫の方がいいです。先代達を失ったときの大きな悲しみはもう味わいたくない。世の中では、そうやって嫌がられる猫ちゃんをあえて迎え入れる方もたくさんいらっしゃいますが、私個人は過去のロスでさえまだひきずってしまっているくらいですから、「病気の猫は死ぬ、でもそれまで一緒に幸せに暮らしたい」と頭で思ってても割り切れない弱い人間です。
もしチョコちゃんがキャリアだったとしても、今回は最初からその覚悟はあったので、迎え入れて一緒に過ごすことになったでしょう。でも、自分の性格から考えると、毎日いつ発症するのかとか、先住にうつらないかとか、怯えながらの生活になることは想像に難くなく、そうなったら辛いなぁという思いが少なからずありました。だから、今回の陰性判定を見てとても嬉しかった。しかしそれは、猫自身は病気を持っていようがいまいが何も変わらないのに、自分が楽だから嬉しかったということでしょう。人の子と同じように接したいと思ってそのように日々過ごしていても、やっぱり私は人間のエゴを猫に押し付ける可能性があるんです。理想の飼い主からはほど遠いなと思います。
---


3.チョコを速やかになっちゃん及びチョロくんに引き合わせる事
そしてこれですね。すぐに仲良く過ごすことはないだろうと思っていますが、これまで約1カ月半弱、土間での鳴き声や遊んでいる音はなっちゃんもチョロくんも聴き耳を立てていましたし、チョコちゃんの存在自体は認識しているはずです。チョコちゃんは気づいていたのかなぁ。
土間は夕方最も暑くなることもあり、検査結果が判明した日からすぐに、習熟訓練としてとりあえず1時間だけ室内に入れてみることにしました。

これは画像で見た方が楽しいので、以下、初顔合わせのようすをご紹介します。


なっチョロ&チョコちゃん、初顔合わせ。
amazonのキャリーボックスに入れて室内に連れてきました。
今までは猫用品も簡単にチョコちゃんに使わせることが出来ず、ほとんどチョコちゃん専用品を用意しなければなりませんでしたが、それもこれからは不要です。チョコちゃんを抱っこしたあと、チョロくんを躊躇なくすぐ抱っこしたりもできる。本当に良かったです(*^_^*)

室内に入ったチョコちゃんを、すぐにチェックしにくるふたり。
020102photo2
なっちゃん「あなたはだれニャ?」
チョコちゃん「チョコたんでしゅ」


チョコちゃんも誰?誰?という感じでキョロキョロしています。
IMG_0624
なっチョロはチョコちゃんの声は聴いていたけど、実物を見たのは初めて。
初めて見て、小さいからか、戸惑っているようです。
今まで、外猫が窓の下に来た時などはふたりとも大声で鳴いていたんですが、そういう鳴き声は出しません。なんか慎重になっているのでしょうか(*^_^*)
DSCF5308

想像どおり、チョロくんがじっくり凝視しています。この体勢から動かず、若い娘に興味津々(笑)
チョコちゃんは圧に負けてボックスの奥の方に入っちゃいました(^_^;)
DSCF5312

チョロくん、顔にめちゃくちゃ力が入っています。緊張感漂ってる。
しかし攻撃的な目じゃないのが少し安心かな。
DSCF5315
なっちゃんは・・・こちらも想像通り、ときどきシャ―しています(^_^;)
なっちゃんはきっとシャ―すると思ったんだよな~。
とりあえず威嚇しとくニャ、みたいな感じですかね。メス同士、難しそう。
DSCF5323

急にこっちを見たなっちゃん。
は?このチビ、家の中に入れるつもりニャの? って言ってるよこの眼・・・
DSCF5324

思い切って、奥さんが抱っこして少しだけボックスから出しました。

DSCF5253
チョコちゃんの方もいつもよりおとなしい。全然動かない。緊張しまくりなのでしょう。
いきなり大きい猫ふたりに囲まれたわけですからね。

チャームポイントの大きな目でお姉ちゃんお兄ちゃんをめっちゃ観察。
DSCF5274

だいじょぶかにゃ~ 不安な顔してる!(^_^;)
DSCF5303
あまり長時間だとチョコちゃんが可哀想なので、土間のケージにもどしました。

チョコちゃんが去った後、残り香が気になるようで、ふたりともボックスを囲んでそわそわ。
DSCF5238

もういないってば(笑)
DSCF5239

明らかにふたりとも変です(^_^;)
DSCF5241

ふたをあけてみたら・・・
DSCF5243

え。チョロくん何してるの??上からはいるつもり?
DSCF5244

入っちゃった!!(笑) しかもはずみでフタがパタンと閉まるというハプニングつき(笑)
やっぱチョロくん持ってるよね~つくづく(笑)
DSCF5245

出れなくなってるし・・・(笑)
DSCF5246

フタと入り口をあけたら、なっちゃんも入りたかったのかすぐINしました。
DSCF5250

なっちゃんはチョコちゃんの残り香を嗅いでます。チョロくん遠い目。
DSCF5251

なっちゃんとチョロくんは、ふだんとそんなに違わないのですが、チョコちゃんは疲れたようす。

今まで土間に行ったら、ケージの出入り口に必ず寄ってきてみゃーみゃー鳴いていたのに、箱の中で寝たまま出てこない。精神的に超お疲れだったのか・・・って考えてたらすっ飛んできたので少し安心しました。

夜になってまた茶の間に連れてきました。なっちゃんは窓辺でニャルソック中。
Nクールベッドで寝るチョロくんのそばに置いてみたよ。
IMG_0632
最初は見つめあっていたけど、チョロくんの圧に負けてチョコちゃんが後ろを向いちゃった。

チョロくん、大丈夫そうなのでベッドに添い寝させてみた。
IMG_0633
チョコちゃんをめっちゃ見ているチョロくん。
チョコちゃんもじっと見てます。

“チョチョ”コンビだから相性は良いはず(笑)
IMG_0634
数日、マメに出し入れしながら様子を見て、週末には土間のケージを室内に移設する予定です。

いきなりの乱闘騒ぎ、みたいな最悪のパターンにはなりませんでした。良かった~~(^_^;)
チョロくんとはたぶん数日で仲良くなりそうです。
なっちゃんはどうかなぁ~(*^_^*)

何はともあれ、これからもなっチョロ&チョコちゃんブログ「猫小との生活」をよろしくお願いします(*^_^*)


生後カ月の子ネコ・チョコちゃんのチビ姫時代の関連の過去記事はこちらから。
2018.5.7「子ねこを保護しました。
2018.5.18「チビ姫への贈り物。
2018.5.24「チビ姫グラフ~1~最初の1週間
2018.6.2「【子猫画像】チビ姫グラフ~2~
2018.6.9「【子猫画像】チビ姫グラフ~3~




チビ姫合流のお祝いに、画伯いほぶ こね様から素敵なプレゼントをいただきました!!
こちらです↓ すっごいでしょ~(*^_^*)
E273B89C-FF14-433F-AFD4-6117C63A0A8B
あっ、名前がチビ姫だ(笑)

こねさん、本当にどうもありがとう!(*^_^*)

やんちゃでわんぱくバロンくんと美魔女猫ラムに悩まされ、文句を言いつつ癒されてる猫好きの典型いほぶこねさんの、超面白い闘いの記録絵日記ブログはこちらから!⇒「バイオレンスバロン」



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

今日の付録

今日の私は、これで動いてます。

本まぐろ赤身の刺身

幼名チビ姫改めチョコちゃんが検査陰性だったのでお祝いだ!刺身持ってこーい!
DSCF5325
つーか毎日刺身だけどね。

辛子明太子
久しぶりに食べたけど、美味しいね~。
DSCF5362

レバニラ炒め
鉄板の美味さ。レバーが好きで良かった。モサモサねとねとの食感が美味いんです。
レアも好きだったけど、数年前に周りこんがり中とろっとろな超レアな串焼き食べてお腹壊して以来、食べられなくなりました(^_^;)

DSCF5331

ポチギとコーン炒め
これもときどき食べたくなります。
ポチギは商品名で、リングィーサ/ポーチュギーズ・ソーセージ(唐辛子などのスパイスを加えたポルトガル風のソーセージ。)のこと。Wikipediaより。

DSCF5342

野菜が足りん!


Twitterから



最後までお読み頂きありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------
ブログランキング参加中です。
ポチっと応援いただくと喜んでころげ回りますニャ(=^・^=)
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

----------------------------------------------------------------------